IELTS

International English Language Testing System(IELTS, アイエルツ)は英語熟練度を測る英語検定の1つで、ケンブリッジ大学 ESOL Examinations、ブリティッシュ・カウンシル、IDP Education Australiaに協同で運営されている。Academic Module (大学や他の高等教育機関への出願の為のテスト)とGeneral Training Module (一般的な生活、仕事や、移住関係に関わる英語のテスト)の 2種類がある。 IELTS はオーストラリア、イギリス、カナダ、アイルランド、ニュージーランド、南アフリカのほとんど全ての大学で受け入れられ、アメリカ合衆国の3000以上の教育機関で受け入れられている。

IELTSの試験構成

 

Listening
試験時間:30分

問題数:約40問

日常的な会話や話し言葉から、講義、セミナーまで多岐にわたる内容が出題される。会話や文章が録音されたCDを1回だけ聞き、その内容に関する質問に答えていく。ETS系のテスト(TOEFLやTOEICテスト)と異なるのはリスニング問題を聞きながら問題用紙にメモを書き込める事ができることや、別に解答用紙に回答を書き込みをする時間が与えられている。問題構成はTOEFLやTOEICと異なり、選択肢が5個以上あることや電話番号や数などを正確に理解しなければいけない。

 

Reading
試験時間:60分

問題数:約40問

試験では文章が3つ(トータルで約2,000~2,750語)出され、これらに対してさまざまな形式の問題が40問出題される。このセクションでは解答用紙に記入するための特別な時間は用意されておらず、すべて60分以内に解答する必要がある。ただし、General Training ModuleとAcademic Moduleでは問題構成が大きく異なっている。 
General Training の場合, 問題文は、注意書き、広告、公式文書、小冊子、新聞、マニュアル、チラシ、時刻表、雑誌、書籍などから出題される。基本的に1問目と2問目は実際に留学したての頃の現地での生活を想定した問題が多い(住やアパートの比較・商品の説明・英語学校のパンフレット等)3問目に関しては、実際に受験者が大学生活で想定する文章が出題される。
Academicの場合、問題文は、雑誌、新聞、書籍などから出題されるが、一般教養的なものが多く、専門知識は必要とされない。少なくとも1問は論理的な議論を扱ったものであり、ほかにグラフやイラストを使用した文章が登場する場合もある。文章中に専門用語が使われている場合には、簡単な用語解説がついている。選択肢以外に単語で解答する問題形式もある。3つの問題のうち最低1問は文章全体を把握しないと大幅に得点ロスになってしまう問題が頻繁に出題される。なお、日本で受験できる英語試験で1時間で2,500字の文章読解を課されているのは英検1級・準1級ぐらいである。

 

Writing
試験時間:60分

問題数:2題

試験ではGeneral Training、Academic 両方とも、各問題に最低150~250単語で自分の考えなどを論述しなければならない。論述した単語数が規定分量を下回った場合、どんなに論理的な文章を書いたとしても大幅にスコアダウンを受けることになる。 
General Training の場合、課題のひとつめは、提示された問題に関して、現状を説明したり情報を請求したりする手紙を書く。個人的な内容の文章ではあるが、フォーマルな感じの文章に仕上げることが求められる。2つめは、Academic Modulesの場合と同様に、与えられたテーマに対して意見を述べ論証していくもの。テーマに関してはTOEIC Speaking&Writing Testのようにごく日常の暮らしの意見の問題が多い。 
Academicの場合、課題のひとつめは、グラフや図などで与えられた情報を整理し、文章にまとめるというもの。2つめは、与えられたテーマに対して意見を述べ論証していくタイプである。ここでは、試験官や先生に提出するような、短いエッセーや一般的な報告書の形式の文章に仕上げる問題。General Trainingと異なるのは、データなどを説明して論理的に展開して今後の推測を説明する形式があること、2問目の問題が大学の試験の論文などを想定した問題が多い。
 
Speaking
試験時間:15分~20分

3つのセクションに分かれており、マン・ツー・マンのインタビュー形式で行われる。まず簡単な自己紹介を要求され、その後、受験者自身や家族について聞かれる。次のセクションでは、渡されたカードに記載された課題(たとえば、これまでもっとも影響を受けた先生について述べよ、など)について、同じくカードに指示された内容を加味して試験官に自分の体験や考えを伝える。最後のセクションでは2番目のセクションでの課題に関連したディスカッションをする。なお、インタビューはすべて録音され、試験センターでまとめて評価される。

受験概要

 

121カ国、500箇所以上で受験することができる。日本では東京、横浜、大阪、神戸、名古屋、京都、札幌、仙台、新潟、金沢、広島、福岡の12都市で受験することができる(2011年2月現在)。
申込みはインターネットか郵送
受験料は2万4,675円(2007年12月31日まで)
受験料はインターネット申込みではクレジットカード決済(JCB・MASTER・NICOS・VISA)、コンビニ(ローソン・ファミリーマート・セイコーマート)・郵便局ATMが可能。郵送の場合は銀行振込または郵便為替。
本人確認資料としてIELTS事務局にパスポートのコピーと写真を送る必要がある(写真は眼鏡不可)
試験当日も本人確認資料としてパスポートが必要である
試験当日荷物は全て鍵のかかる別の部屋に置き、試験教室にはパスポート、と筆記用具のみの持ち込みが可能である。
スピーキングテストは都市によって違うが、同日の午後または翌日の指定された時間に行われる。

 

※ウィキペディアより抜粋

 

 

 

タイの大学へ行こう!